製品紹介

いまどきの格安中華タブレットはどんなもの?1万円ちょいで10インチのヤツを買ってみたよWinnovo N10

前回の格安中華ノートPCレビューに続き今回は格安中華タブレットです

私はいつもメインのPC一つで作業してるんですけど、そのサイドに何か小さいサイズの物を置いて動画再生したいな~っていうような気持ちがずっとあるんですよね

普段はアレクサのEcho show5を置いて写真のニュースを流していて、がっつり動画が見たいような時はiPadを置いていました

”それでいいじゃん!”って思うかもしれないんですけど

「動画を見るためだけにiPadを使うのもったいなくないか?」とか

「もう一回りぐらい大きいサイズにしたい・・」とか

「パソコンと連携してサブモニターみたいにしたい・・」

とかそんな風に日々デスクトップ環境をよりよくするためのデバイス探しとして購入してみました

なとり
なとり
と、なんやかんや理由をつけて新しいガジェットを買いたいんです

今回用意したのはこちら「Winnovo T10」

10インチはさすが大きいですね~

前回のノートパソコンがよかったので同じくWinnovoの物を試してみました

”安価で、ちょっと大きめのタブレット”果たしてその性能はいかがなものでしょうか

Winnovo T10スペック

まずはタブレットのスペックやら価格についてです

メーカー

Winnovo。中国の広東省にあるタブレットやノートPCのメーカーです

価格

価格は8月10日現在15380円となっていまいて、4000円オフのクーポンがついています

私が買った時も4000円のクーポンがついていたのでだいたい1万円ちょいの価格です。

なとり
なとり
1万円ちょいの専門メーカーモデル。いわゆる中華タブレットですね

*価格は時期によって変動する可能性があります。公式サイトをご確認下さい

スペック
CPU MTK8163クアッドコア64ビット(最大1.3GHz
メモリ 3GM
記憶領域 32GB
Android Ver 9.1
無線規格 wi-fi(2.4gh,5gh),Bluetooth 4.0対応

CPUに関しては毎度見たことがない物が登場するので特に評価はしません。1.3Ghzなんだなぁというぐらいです

メモリが3GB&記憶領域32GBとなんとも絶妙な中スペック。漫画や映像データをちょっと入れたり、ゲームアプリを入れることもできるだろう、という程度のスペックです

ガッツリゲームをするわけじゃないけど、軽い作業でいろいろ便利に使えたらいいな、というのが希望です

なとり
なとり
ちょっと重いこともしたい!

Winnovo T10の開封

なとり
なとり
では実際に届いた製品の様子を見てみましょう

箱!

開けると、、デカ!

付属品はこんな感じ

・タブレット本体

・コンセント

・充電ケーブル

・説明書

この四つが付属品です

なとり
なとり
安価なのでシンプルな構成ですね

さあ動かしてみるぞ!

電源を入れてまず思ったのが、、、画面綺麗だな!

いままでは安いタブレットというとkindleのイメージだったんですけど、色も綺麗だしこんなにクッキリしているとは嬉しい誤算でした

youtubeを開いてみてもご覧の通り

右の画像のように一部を拡大しても撮影してもこの綺麗さです

なとり
なとり
映像の評価はかなり高い

前面スピーカー

そしてこの製品の一つの特長として前面にスピーカーがついているんです

多くのタブレットではスピーカーは裏面や側面についています。10インチのディスプレイと合わせて映像視聴に力を入れたモデルであると思われます

iPad miniと比較

iPad miniと並べてみると…

こんな感じで一回り以上大きさが違います

比較しているiPad miniの画面は7.9インチで2019年の最新モデルです

created by Rinker
Apple(アップル)
¥50,370
(2020/11/24 22:11:16時点 Amazon調べ-詳細)

漫画を見るには7.9インチぐらいが最適なんですけど、映像を見るのは10インチぐらいあったほうがだいぶ見やすいですねぇ

iPad mini

Winnovo T10

この2.1インチは結構違いますよ~

huluみたいにメニューがある表示も見やすいです

iPad miniと比べると若干ボケている感じもしますが、十分視聴できる綺麗で大きな画面です

なとり
なとり
iPad miniのディスプレイはタブレットで最上級ですからね。しょうがない

音がちょっとなぁ

前面スピーカーということで音にちょっと期待してしまったんですけど、低音、高音のバランスが少し悪く、大きな音にすると少し割れることがありました

*この動画は音が大きいので注意してください

ピアノのタララララんのところでラジオのように割れてしまっています

なとり
なとり
ここはちょっと残念でしたね~

ゲームプレイでは低画質モードに

そしてお次はゲームアプリを試してみましょう

スペック次第でかなりの高画質な表示もできるCall Of Dutyモバイルで試してみました

結果は低画質モードになってしまいましたがサクサク動いて遊ぶことができました

なとり
なとり
遊ぶことはできる・・!

まとめ

総評としては処理速度の影響でアプリが低画質モードになったり、動画視聴時のシークがモタついたりすることがありましたが、ちゃんとそういった使い方もできるタブレットでした

最大の評価ポイントは映像で、大きい&綺麗な画面で動画視聴を楽しむことができました

私の場合は特にメインディスプレイの横の空きスペースがちょうど20cmぐらいだったので、ぴたっとおさまる10インチタブいいもんだなぁって思いました

こんな感じで

「iPad miniとかより少し大きいのが欲しいだけどなぁ~!」

「価格も1万円ぐらいで!」

みたいな人がいたらちょうどいいんじゃないかとおもいました

予想よりだいぶ動いたよ

iPad miniと比較してネガティブな評価になったところもあったんですけど、ちょっと前までこの価格帯のタブレットは白黒の漫画の視聴とかスマホアプリのログイン報酬をもらう程度の起動しかできなかったですからね

iPadとまではいかないものの動画視聴やらブラウザ視聴ではけっこう満足いくレベルになっていたぞ!というのを2020年夏の格安中華タブレットの評価としたいと思います

以上本日は「格安中華タブレット定期評価!万円ちょいで10インチのヤツを買ってみたよWinnovo N10」の紹介でした

created by Rinker
Apple(アップル)
¥50,370
(2020/11/24 22:11:16時点 Amazon調べ-詳細)

  ~~広告エリア~~

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください