製品紹介

【アウトドア&防犯】マニアが厳選するオススメポータブル電源 【外遊びのお供にも】

なとり
なとり
モバイルバッテリーってあるじゃん
Aちゃん
Aちゃん
スマホを外出先で充電するやつね

なとり
なとり
あれのでかくなったような、ポータブル電源っていう製品もあるんだよね
Aちゃん
Aちゃん
へ~、そんなものがあるんだ

モバイルバッテリーに比べてだいぶ知名度が低いのですけどもけっこう便利な製品なのでこんなものがあるんだよ~と紹介します

なとり
なとり
外で遊ぶことが増えるこれからの時期是非チェックしておきたい!

ポータブル電源とは

なとり
なとり
こんな感じでかなり大容量な持ち運びができるバッテリーなんだ
Aちゃん
Aちゃん
モバイルバッテリーの大きいやつ?
なとり
なとり
そうだね、それでほとんど合ってるんだけど一番のポイントは
なとり
なとり
コンセントの形で給電できる!っていうところなんだ

コンセントがそのまま使える

大容量でコンセントに給電できるから家電をそのまま使うことができる

テント泊とかBBQのアウトドアで使ってもいいし、庭いじりをしたり在宅しながらちょっと不便な場所で扇風機とかノートパソコンの家電を使うのにもとっても便利

なとり
なとり
コンセントの形でできる、ということで使い道はがぜん広がるぞ

いろんなタイプがある

用途が広い製品だから容量含めていろんなタイプがあって

①バッグに入るようなサイズのもの~

RAVPowerポータブル電源

②持ち運ぶのはむずかしいけど超大容量で防災用としても使えるようなもの

enkeeoポータブル電源

②のタイプは現場で使われているような物まであって値段は容量に合わせて1万~5万円ぐらいまで幅広い価格帯である

大きいのは10万mAhを超えるからテレビでも数時間動かすことができる

防災用としてもこういうのが一台あると停電時の自宅避難、避難所での充電と需要はかなり高い

実際の感じ

ポータブルのほうはこんな感じで

手に持てるサイズで上にコンセントとUSBをつなぐ部分がある

外でノートパソコンを使ったり実家や友人宅とかの「あそこに持って行って電源とれるかな?延長ケーブルあるかな?」っていうシチュエーションで使っています

なとり
なとり
人の家でも気を遣わずに使用できる

大容量のほうは3kg以上するような重い物が多いので外で使う時は車に積む感じになる

電源はコンセント、USBだけでなくDCタイプにも給電できるものがほとんど

用途はさまざま

アウトドアに持ってくとすごい便利で、これにタコ足配線を伸ばして置いておいたりすれば友達みんなで使えてモバイルバッテリーを持ってくる必要がなくなって楽

あとはカメラマンの人が屋内撮影だけど電気をたくさん使うからノートパソコンとカメラをコンセントでポータブル電源につないだり、あとは現場作業で工具を接続したりと屋内で道具をもってちょいちょい動くような仕事で使っている人も多い

こんな感じで小さい炊飯器を持って行って使うのもキャンプには画期的だ

コンセントの家具が何でもいけるから持って行く道具がアウトドアのバッテリー内臓の物に限られなくなるのでとっても楽だ

なとり
なとり
アンプとギターをつなげば路上ライブだってできてしまう
Aちゃん
Aちゃん
発電機よりだいぶ簡単だねぇ~

選び方

基本的に容量と相談して選ぶことになると思うのだけど、持ち運びしやすいものは少ししかでていなくて、上で紹介しているRAVPowerの物が14000円で20100mAhなので容量、コスト両方の面で良いと思う。モバイル製品をたくさん作っているメーカーで信頼もできる

大容量のほうは何を動かしたいかと値段はいくらまで出せるか、の相談で防災用で予算をあまり問わないのであれば容量10万mAh超えで価格も5万円を超えるような物でもよいだろうし、アウトドアで2~3万円台で70000mAhの物が用途とコストのバランスが良いかなと思う。ちなみに容量と重量は比例するのでそちらもチェックしよう

5万超え超大容量 suaoki G500 重量7.7kg 500Wh
3万円台 suaoki S601 重量2.5kg 200Wh

どれぐらい機械を動かすことができるかは使う物によるので具体的な数値でいうことは難しいのだけど200Whのもので扇風機や照明で10時間程度、500Whのものでその倍の20時間程度動かすことができる*実際の使用時間はお手持ちの製品でお試しください

suaoki製品はどちらも評価が高く、AmazonChoiceに選ばれている。後者はこのランク帯で圧倒的一番人気です

なとり
なとり
この辺りから用途に合わせて選んでみてはいかがだろうか

まとめ

そんな感じでポータブル電源を持つことでコンセントにしばられない電化製品の使用、アウトドアライフのご提案でした

あとは親世代でこういう道具が好きな人もいるから父親へのプレゼントとかにも良いかなと思います

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください