ゲーム関連

【Project Winter】初プレイ。野良村にいってみよう

大人気雪山人狼ゲームProject Winter

ゲーム配信を見てProject Winterを買ったけども「一緒に遊ぶ友達がいない!」という方もけっこういるのではないでしょうか

なとり
なとり
このゲームにはチュートリアルやプラクティスモードはないので最初からマッチに入るしかありません

今日はそんなはじめての野良マッチの手順について紹介したいと思います

なとり
なとり
はじめてだけど不安、という方もこれを読んでおけば大丈夫です

まずは操作方法を確認しておきましょう

Project Winterの操作方法はこんな感じです

これにマウスの左クリックで攻撃、アイテムの移動、が加わります

なとり
なとり
特に、通話ボタンとプレイヤー名の表示ボタンを忘れてしまいがちなのでしっかり覚えておきましょう

音声が入っているかも不安でしたらコチラのやり方で確認をしてください

ゲームの部屋への入り方

Project Winterを起動してゲームに加入をクリック

すると稼働中の部屋一覧がでてきます

部屋の見方はこんな感じです

①部屋の名前

初心者部屋、誰でも部屋、慣れている人向けなど部屋の対象が書いてあることが多いです

実際は初心者部屋でも慣れている人が多い現状のようです

②部屋の状態

ロビー(メンバーが集まるのを待っている)、プレイ中(ゲーム進行中)を見るとができます

なとり
なとり
このロビーの部屋にのみ入るができます

③部屋に参加している人数

上限が8なので8/8の部屋には入ることができません

なとり
なとり
状態がロビーで人数に空きがあるところに入りましょう

④使用言語

日本サーバーでは基本的に日本語が使われていますが、メニュー左下からサーバー変更をしてヨーロッパサーバーに行ったような時はスペイン語や英語等、どの言語を使っているかの確認で役に立ちそうです

入りたい部屋をクリック

条件が合う部屋を見つけたらクリックをするとゲームに加入の文字がでてきます

ここをクリックすれば部屋に入ることができます

挨拶しよう

部屋に入ったら「こんにちは~」とあいさつをするとよいでしょう

なとり
なとり
それにより「通話できる人であること」「自分のマイクとイヤホンに問題がないこと」をお互いに確認しましょう

不安であれば初心者なことやプレイ経験が浅いことを伝えておきましょう

なとり
なとり
きっと優しくしてくれると思います

教えてくれる部屋を作りたい場合

いきなりゲームに行くのではなく、初心者同士でゲームの進行を確認したり、慣れている人にレクチャーしてもらう部屋にしたいという方もいるでしょう

その場合には左のゲームをホストするをクリックして

ロビー名を好きな物に設定して部屋を作りましょう

言語、リージョンを日本語にしてパスワードやクラシックにはチェックをつけずにホストボタンをおしましょう

なとり
なとり
これで部屋一覧に自分の部屋ができて興味を持った参加者が来てくれます

まとめ

こんな感じでお好みの部屋に入ったり、自分で部屋を作ることではじめてのProject Winterプレイができるかなと思います

難しいゲームではないのでやってみれば簡単にわかると思います。気軽にやってみましょう

次回は「基本的な進行方法、脱出編です」このまま攻略情報を見たい方は是非ご覧ください

【Project Winter】雪山人狼の遊び方 ~脱出の流れを画像付きで解説~まずは脱出の流れを覚えてみましょう。開始から脱出までの流れを画像付きで紹介しています。初めての人はこれだけでも覚えておきましょう...

Project Winter攻略専用ページを作りました

各種データやブログ記事の一覧はこちらにまとめています

なとり
なとり
Project Winter関連の攻略情報は上のTOPから飛ぶと見やすいです

*当ページに記載のゲーム画像はすべて販売元の許可を得て掲載しています。権利はすべてOther Ocean Groupに帰属します

【Discord】にMusicBOT rhythmを入れて友達と一緒に音楽を聴こう。導入方法&コマンド一覧Discordには様々な機能を持つBOTがあり、簡単に導入することができます。今回のBOT Rythmを導入することでお友達と一緒に音楽を聴くことができます。音がうまく流れないという問題の確認方法ついても紹介しています...
【パソコンゲーマー必見】EpicStoreの無料配信ゲーはしっかりもらおう【過去ゲーリスト】 EpicGameとは ゲーム会社E...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください