サービス紹介

漫画のサブスク!コミックDAYS もっとプレミアムが月960円で超お得!

最近私がめちゃくちゃ推してるサブスクサービスがあるんですよ!!

それがこちら「コミックDAYS もっとプレミアム!」

コミックDAYS公式リンク

講談社が運営しているサービスで、出版している週刊誌&月刊誌の多くが定額読み放題のサービスなんですよねぇ

なとり
なとり
とにかく読める雑誌の数が多いのが特徴です

・月額960円の低価格で!
・一流の楽しい漫画がたくさん!
・さらに初月無料でお試し!

いいとこ尽くしで是非みなさんにも試してみてほしいんです

ということで今日は「最高の漫画サブスク!講談社が送るコミックDAYS もっとプレミアム!」の紹介です

この記事で紹介している内容は実際のサービスとは異なる可能性があります。ご利用前には公式の情報をご確認ください

おまけの漫画サブスクとは一味違う!

既存のkindle unlimitedとかyahooプレミアムとかの大手読み放題サービスも試したことがあるんですけど、ああいうサブスクで見れる漫画って古い漫画とかマイナー誌しかばかりでクオリティが低い物が多いんですよね

なとり
なとり
こんな雑誌あったんだ!みたいなのばっか…

一方でこちらのコミックDAYSのプレミアは「ヤングマガジン」とか「マガジン」「イブニング」とかで今現在連載している漫画が対象なので旬の人気漫画が読めるというわけなんです

なとり
なとり
一番読みたいヤツが読める!

人気作がほんと多いのよ!

”漫画といえば集英社のジャンプ”っていうイメージの人も多いと思うんですけど、いま人気の漫画作品って実は講談社の物がかなり多いんですよ

雑誌別にざっと人気タイトルを上げてみると..

ヤンマガ
ザ・ファブル
アルキメデスの大戦
ハンチョウ
アンダーニンジャ

イブニング
創生のタイガ
ふたりソロキャンプ
没イチ
金田一37歳の事件簿

モーニング
イチジョウ
ハコヅメ
宇宙兄弟

マガジン
東京リベンジャーズ

BELOVE
ちはやふる

これは全部講談社の出版雑誌掲載で、かつコミックDAYSのもっとプレミアムの読み放題対象なんです

なとり
なとり
僕が読んでる全漫画の8割はこのプレミアで読めてる

雑誌1冊分の脅威の価格

こんな感じで10誌以上の最新刊が読めるサービスなのに…

価格は驚異の960円!!

ヤングマガジンが一冊430円ぐらいなんで、毎週ヤンマガだけを買うよりお得っていう驚異の価格設定なんですよね

一ヶ月の出費
ヤングマガジン 430×4=1730円
コミックDAYS もっとプレミアム 960円

「電子雑誌のサブスクってそんな安いのっ!?」って思って他紙を調べてみたんですけど、ジャンプのサブスクはジャンプ&ジャンプGIGAの2誌だけで月960円なんで、ジャンプGIGA分お得になるぐらい些細なモノでした

なとり
なとり
講談社が頑張ってるみたい!

0時に新刊公開

新しくでた雑誌はしっかり0時ジャストに公開されます

なとり
なとり
読み放題だからって公開が遅くなったりはしません!

例えば月曜日発売のヤングマガジンであれば月曜日になった0時のタイミングで切り替わるので、0時過ぎまで起きている人は日曜の夜の間に読むことができます

目次機能も

コミックDAYSの漫画視聴では見出しから指定の漫画ページに飛ぶことができます

好きな漫画の話だけ遡ってみたりする読み方にも最適!

月刊誌の良作探しも楽しい

プレミア対象の月刊マガジンとかアフタヌーンとかの月刊誌もけっこう良作があって、こういうのを電車に乗ってて暇なときにじっくり読んだりするのもすごい楽しいんですよ

なとり
なとり
月刊誌は週刊誌と連載のスタイルも違ってまた発見があるのな~

女性誌のBELOVEとかなかよしもあるので読んだことがない作品の発掘は本当に飽きがありません

*別冊月刊マガジンはコミックDAYSプレミアの対象外です

コミックDAYSプレミアムの短所

コミックDAYSプレミアムを使っていて気になったところ、短所もあげていきます

バックナンバーは4巻分(or一か月分)まで

一番の短所は4冊分(or 1か月)のバックナンバーまでの読み放題に制限されていることです

*雑誌によって設定されている公開期間はことなります。週刊誌は基本4誌前までのようです

買い切りタイプと違って公開期間がすぎたものは読むことができません

例えば電子版で”雑誌で読み返すから単行本は買わない!”というような人はこのサブスクは向きません

読み返したくなったらどうしようかな~って言うのはたぶんどのユーザーも迷うところだと思うんですけど、読める新作が本当に多いので、私は”特別好きなヤツだけコミックでまた買えばいいかなぁ”と思っています

なとり
なとり
一番読みたいのは気になる最新話だからね!

雑誌掲載の一部ページがないこともある

紙雑誌とコミックDAYSの電子サブスクでは「グラビアや袋とじ、バガボンドの特別掲載など一部コンテンツが掲載していないことがある」と書いてありますが、これは滅多にないことのようです

なとり
なとり
私が使っていた間は一度もない

それにほとんどの人にとってグラビアやおまけコンテンツは目当てではないと思うので、これは小さな短所だと思われます

通信エラーがよくある

そして最後は割とマジな不満なんですけど、読んでいてサーバーエラーでページが読み込めないことがよくあります

基本的に再読み込みボタンを押せば画像が表示されるんですけど、漫画を読んでる時ってサクサク読みたいんでこういうエラーはけっこうストレスなんですよねぇ

なとり
なとり
数ページ先まで自動で読み込んどいてほしいわ

kindleとかDMMbooksを使っていてこういうエラーが起きたことはないので、サーバーが弱いのか、、、もしくは新刊公開のタイミングでアクセスが集中しているのか、、、

なとり
なとり
サーバー面の弱さは改善していただきたい

まとめ 大満足!もっと評価されるべき

こんな感じで講談社のもっとプレミアムは私にとって神サブスクサービスでした

最近ってイブニングとかモーニングとかの主流誌以外にも結構面白いマンガが入る事が多くて、「買うほどじゃないけどあれ読みたいんだよな~!」みたいなことちらほらあったんですよね

なとり
なとり
たとえばカイジスピンオフのイチジョウとか!

コミックDAYSで自由に読める雑誌が増えたのでそういうのも幅広く読めるようになったのがよかったですね

 

初月無料なのでためしてみるべし!

コミックDAYSプレミアは支払いは月ごとで好きなタイミングで解約することができます。初月無料で期間中に解約したら料金が発生することなく体験することができるので漫画好きな人には本当に一度試してみてほしいです

音楽がサブスクで手軽に聞けるようになったように漫画もサブスクサービス発展して、より多くの楽しい漫画を安定して読めるようになったらいいなぁと思っています

なとり
なとり
いつか月1万円ぐらいで全部の雑誌、過去漫画が読めるようになればなぁ!

以上本日は「人気週刊誌のサブスク!コミックDAY もっとプレミアムは月960円!」の紹介でした

  ~~広告エリア~~

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください