ドローン

EIS搭載!4万弱でかなりの高画質空撮!Holy Stone HS700E

大手ドローンメーカーHoly Stoneが人気ドローンHS700の改良モデルHS700Eをリリースしました

40000円弱の中価格帯で、バッテリー時間は20分、そしてかなり立派なカメラを搭載しています

なとり
なとり
まるで高級ドローン

いままで低価格帯のドローンになかった手ブレ防止のEISという機能がついてかなりきれいな映像が撮れるようになりました

1万円台のトイドローンよりもガンガン空を飛ばすことができて、かつそこそこ手頃といった立ち位置のモデルです

なとり
なとり
5万円超えるのはちょっとな~という人向け

重量は557g(バッテリー込み)なので完全に規制範囲内で申請をして飛ばすようのドローンです

今日はそんな「EISを搭載して改良リリース!Holy Stone HS700E」を紹介していきたいと思います

HS700Eスペック

HS700Eのスペックはこんな感じです

メーカー Holy Stone
重量 557g
折りたたみ 不可
バッテリー 20分駆動
期待制御 GPS、GLONASS

高級ドローンではDJI社が有名ですが、低価格帯ではこのHoly Stone社がトップ人気を誇ります

なとり
なとり
私もHoly Stoneのドローンは5台ぐらい持ってます

パッケージ内容

続いてHS700Eのパッケージ内容です

製品はこんな感じで専用バッグに入った状態で届きます

専用バッグがないと箱にしまって持ち運ぶことになるのでこの価格でバッグもついているのは非常に高評価です

なとり
なとり
バッグがないと収納もかさばるんだ~

開けるとメイン部分に本体、バッテリー、コントローラー、そして蓋のジップ部分にプロペラが入っています

HS700Eは折りたたみモデルではないので、そこそこかさばってしまいます

リュックの中に入れて運んだりするというよりは、車に積んで飛ばしに行くような用途向きでしょう

パッケージについているバッテリーは全2つで、アマゾンから追加購入も可能です

created by Rinker
Holy Stone
¥8,690
(2021/09/18 20:53:38時点 Amazon調べ-詳細)

機体の様子

機体はこんな感じです

かなり硬い、厚みのあるプラスチックボディです

足も固定されているのでこれより小さくなることはありません

そしてこちらがカメラ

かなり立派な4Kカメラが付いています

個人的に注目したいのがこの台座部分

カメラと本体の付け根が球状のゴムになっています

ドローンは空中で激しく前後左右に移動するのでカメラの揺れを緩和するためのジャイロが必要になるのですが、HS700Eではゴムをつけることでサステンションの役割を果たしているわけです

なとり
なとり
価格を抑えようとするメーカーの努力を感じるな!

本体下部を見てみると、床を検知してバランスを取るオプティカルセンサーがついています

DJIの高級ドローンは全方向のセンサーがあるのに対してHS700Eの物理センサーは一つですが、トイドローンよりも格上の設計です

なとり
なとり
38000円でコレが作れるんだな~!

プロペラガードは後日発売予定

この製品は公式のプロペラガードがありません

日本の規制区域で申請を出してフライトするためにはプロペラガードの装着が必須となっています

DID地区などの規制からもはずれていて、かつ自身で所有しているようなエリアじゃないと飛ばすことができません

HolyStone公式に問い合わせたところ後日販売予定とのことなのでDID地区でのフライトを希望の方はそちらの販売を待ちましょう

なとり
なとり
それまでは非規制地域で!

*実際のルールは国土交通省のガイドラインをご確認ください

フライトの様子

それではHS700Eのフライトの様子です

上記プロペラガードの問題で私はまだ屋内でしか飛行できていないのですが、Youtubeに上がっている飛行動画からわかりやすいものをピックアップしました

高画質なカメラの様子

こちらの女性Youtuberの方の動画でカメラ性能を確認することができます

若干魚眼っぽい歪みがでることがあるものの、木の緑色に海の青色がキレイに撮れています

出典:【ドローン】HS700E ホーリーストーン製 フライトしてきました。

なとり
なとり
この映像を見た人は高級ドローンの空撮だと思うだろうね!

カメラの映像が水平を保っていることからも機体が安定している様子が伺えます

飛行の様子

飛行性能はこの動画が非常にわかりやすいです

離陸後の機体が安定していますし、フォローミーモードの精度も高いです

撮影のために低空でホバリングをさせた時も非常に安定しています

なとり
なとり
こういう平原で飛ばしたら楽しそうですね~

まとめ

こんな感じでHoly Stone HS700Eは”そこそこの価格でけっこういい映像が撮れるドローン!”といった印象でした

高コスパ・・・4万円弱で予備バッテリー、専用バッグがつく

高画質・・・低価格ドローンとは比較にならないレベルのカメラ映像

飛行性能・・ちょいちょい手を離しても大丈夫なほどの安定性能

想定されるユーザーとしてはトイドローン以上のドローンで遊んでみたい人で、かつ地方在住であったり飛行制限が少ない場所で遊べる人です

自分の敷地を上から見たり、近所の海の様子を地上とは違った角度から撮影したりする使い方をすればかなりの満足度を得られることでしょう

なとり
なとり
DJIのドローンは高すぎるんだよなぁ~っていう人にオススメしたい

とにかくカメラ映像の綺麗さに驚きましたね

9月末までの限定割引クーポン

アマゾンでこのクーポンコードを使用すると5%オフになります

6YKBFF4E

こちらのクーポンはアマゾン製品ページにクーポンがあった場合にも併用可です!

2021年9月30日までの期間限定クーポンなので期限内の方は是非ご利用ください

以上本日は「EIS搭載!4万弱でかなりの高画質空撮!Holy Stone HS700E」の紹介でした

  ~~広告エリア~~

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください