製品紹介

iphone 12 mini】magsafe&高速充電アダプター!最新式を買っていく

なとり
なとり
本日は iPhone 12 mini の充電のお話です 

先日購入した iPhone 12miniですが…

付属の充電ケーブルが Lightning タイプ C であった為、私が持っているアダプタでは使えないという問題がありました 

とりあえず家にあったUSBとlightningのケーブルで充電して使っていたんですが iPad でも使ってるんでケーブル一本だと厳しいかったんですよね

いつまでもTYPE-Cに対応できないのもいやだし、最新の仕様に対応すべく充電コンセントやらマグセーフやらいろいろ取り揃えてみました!

どんっ!

「高速充電対応アダプター&Magsafe充電器x2」を用意しました

iphone12の付属のケーブルをそのまま使える人はけっこう少ないと思うのでiphone12を買った人はだいたいこういったのを買うことになるでしょうね 

なとり
なとり
それでは順に見て行ってみましょう 

Aukey PA-F3S

まずは電源アダプターです 

今まではスマホのおまけで付いていたような物を適当に使っていたのですが、最近 TYPE-Cの形のものが増えてきたのでUSB-A、TYPE-Cどちらもいけるものを用意しました

それがこちらAukey PA-F3Sです

iPhone付属の電源アダプタは5 W なのに対して、USB(TYPE-A)が12 W、TYPE-Cが20 W と高出力の充電ができるものです

これで付属のTYPE-C to Lightningも使えるようになりました

早速ケーブルを接続して使ってみましょう

1時間の充電で29→95%と70%近く充電することができました

なとり
なとり
これは高速充電!

重量も79gとかなりの軽量仕様です

なとり
なとり
だいたい卵一個とちょいぐらいの重さですね

そしてこんな風にプラグ部分の折りたたむことができます

泊りで出かけるような時は電源を持って行くんですけど、普通のやつだとプラグがバックの中で手にグサーってなったりするんでこういう仕様は結構うれしいです

価格も約2000円で軽量、コンパクト、高性能といいことづくしです

電源は壊れると火災のリスクもあるアイテムなのでこういう信頼できるブランドのものを安く買えたのは良かったですね

なとり
なとり
世界60か国で愛されている信頼のAukeyさ

Magsafeはとりあえず中華製で

そして無接点充電のMagsafeです

近年増えつつあるケーブルを接続しない無接点の充電で、さらにマグネットで本体とくっつくという機能を持ちます

なとり
なとり
iPhone 12の目玉機能です

こちらは公式品が高かったので中華製のものを選択しました

SUNTAIHO Magsafe ワイヤレス充電器 iPhone12シリーズ マグネット式 Qi認証 最大15W急速充電 コンパクト タイプ-C ワイヤレスチャージャー For iPhone12/12 Pro/12 Pro Max/12 mini,Airpods Pro/Airpod 2(2020新型/携帯便利/iPhone MagSafeマグセーフ充電器類似品/タイプ-C)
SUNTAIHO

なとり
なとり
デスク周り用と寝室用に二つ!

公式品が約5000円なのに対してこちらは3100円なので約6割の価格で買うことができます

magsafeはまだ完成されたものという感じがしないので(詳しくは後程)、とりあえずこういった中華製のもので様子見をしたいと思います

なとり
なとり
ちゃんと機能するか不安でしたが…

スマホケース超しでも充電することができました

こんな風にポンと置くだけで充電状態になるのはいいですね~

私は特に何台もスマホとかタブレットを持っているんで、全部の充電を管理するのって本当にめんどくさいんですよね

一台こうやってパッと置くだけで充電管理してくれるものがあれば、出かける時とりあえずそれを持ってればいいのですごく楽になりました

なとり
なとり
残量を見るまでもないってのがイイっ!

そしてマグネットが付いているのでこんな風に立ててもくっついています 

このマグネット機能がどういうシチュエーションで役に立つか色々考えてみたのですけど、この製品のアマゾンページに乗っている画像の使い方がいいなと思いましたね

こんな風に充電してても操作の邪魔にならないっていうのがMagsafeの長所ですね

TYPE-AとTYPE-C

ちなみにこの製品はUSB(TYPE-A)とTYPE-Cタイプのものが用意されています

それぞれ買ってみたのですが、USB(TYPE-A)のほうにはTYPE-Cに変換するアダプタがついていました。ほかに性能も違わなそうなのでUSB(TYPE-A)のほうがちょっとお得感です

ケーブルがちょっとなぁ

気になるところとしてはケーブルの脆弱性です

公式のMagsafeもそうなのですがケーブルはあのAppleの弱い Lightning ケーブルと同じ素材で角度をつけると簡単に壊れてしまいそうです

ケーブルの長さもほとんどの製品が1m未満なんで、いろんなバリエーションのが出てほしいところ

マグセーフは常設するような使い方になると思うので、ケーブルが切断しずらいような加工がしてあるようなハイクオリティ製品がいつか出てくれることを願います

そんな感じでまだ改良の余地がある製品なのでとりあえず中華製で遊んでおこうかなというのが現状の私のスタンスです

なとり
なとり
新製品だからね~

まとめ

こんな感じで充電アダプターを最新のものにして Type C &高速充電に対応しながら、新規術 マグセーフ充電器を導入していました

机の上に置いておいて普通に充電するスタイルもそうですが、スマホスタンドと合わせて操作しながら電池が切れることがないような使い方も気に入っています

「いやそれ普通のケーブルでもできるじゃん!」って言われたらそれまでなんですけど、背面に触れるだけでいいんでケーブルをつなぐよりもスマホの置き方がだいぶ自由なんですよ

例:このスタンドは下にスペースがないからケーブルだと接続できない

そして充電アダプタのほうも、やっぱ新しいものにすると違いますね

最近はスマホのバッテリーもどんどん大容量化してるんで、出かける日の朝に充電すると満タンにならないことがあったんですけど、これなら出かける1時間前に充電しても十分持たせることができそうです

派手な製品ではないですけど毎日使うものなので機会を見つけて新しいのに変えておくのも良いなと思いました

以上本日は「 iPhone 12 mini の充電環境を整える!最新アダプター&最新企画マグネット無接点充電器」の紹介でした

  ~~広告エリア~~

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください