製品紹介

【カメラなしで低価格】音だけの後付けドアホンもこんなに便利 【必要な要素まとめ】

なとり
なとり
後付けドアホンってわかる?
Aちゃん
Aちゃん
その~名前の通りあとからつけるドアホンなんだろうねぇ
なとり
なとり
そうそう
なとり
なとり
なんとなく後付ドアホンというとカメラがついてたり高かったりする物をイメージする人が多いと思うんだけど
なとり
なとり
カメラ無しで音だけ変えられるドアホンも販売してるんだよね
Aちゃん
Aちゃん
へぇ~音だけ変えるんだ
なとり
なとり
カメラのタイプの物は電源が必要だったり、電池式だと最低でも値段が15000円を超えちゃうんだけど、音だけの物なら2000円前後で売ってるんだよね


Aちゃん
Aちゃん
ほんとだ~お手軽ね
なとり
なとり
カメラ無しだと機械も軽いからテープで貼り付けるだけで設置出来たり
なとり
なとり
シンプルな機能ゆえの魅力があるから今日はそんな音だけの後付ドアホンの魅力について紹介をしたい
Aちゃん
Aちゃん
いってみよ~

音だけの後付ドアホンはこんな感じ

まずドアホンは他にもインターホンとかピンポンとかいろんな呼び方をされているけど全部同じものを指しているよ。製品の呼び方もコロコロ変わって、2019年現在はワイヤレスチャイムと入れると出てくるよ

なとり
なとり
ワイヤレスチャイムで探そう!

基本的にこんな風にドアの横に設置するリモコン部分と、家の中に設置して音をならすチャイム部にわかれている

動く仕組みは製品によって違うんだけど、基本的に音が鳴るドアベルの部分はコンセントにさしてリモコン部は電池駆動で外の好きなところに貼れるものが多い

なとり
なとり
リモコンはこの機械間で簡単な電波を飛ばすだけだから電池にしてしまうってのはいい発想

設置も簡単

シンプルな製品だから設置も楽チンだぞ

まずリモコン部を外の好きなところに張り付け

なとり
なとり
軽いから付属の両面テープでできるぞ

そして室内のドアホンの音を聞きたいところにドアホン部を設置

なとり
なとり
これで設置完了!
Aちゃん
Aちゃん
かなり手軽ね~

ワイヤレスチャイムならではの機能も

リモコン、ドアベル部ともに機械が入っているし、ドアベルは電源もあるから既存のドアホンと違って音や音量を変える機能がついている

どの製品も大体

音量調整 4~5段階

メロディー選択 20~30曲

と好きに設定できるようになっている

うるさいピンポンからの解放

これは製品によると思うんだけど、僕の家の備え付けのドアホンはかなり音がうるさかった!

ワイヤレスチャイムなら音量も無しから大きいものまで好きに設定できるし、鳴る音の種類もピンポンタイプからメロディーのもの、ハローといった音声のものまで好みに合うものを選ぶことができる

なとり
なとり
僕はなるべくシンプルなのがいいからハローとか音声の物を使っています
Aちゃん
Aちゃん
いいわねいいわね

好きなところで再生可能

ドアホン部はコンセントさえ確保すれば好きな場所に設置できるからドアホンが聞こえづらいときは手元におくことで聞き逃さないようにしたり、自由な場所で再生することができる

ワイヤレスチャイムが活躍するシチュエーション

活躍するシーンはさまざまで

  1. 元のピンポンがうるさいから好きなメロディーにしたり
  2. セールスが来て嫌だなぁって思う休日に音量を0にしたり
  3. 妊婦さんや小さな赤ちゃんがいる家で子供を起こさないように音量を0にしたいり
  4. 逆に音に気が付かない人が音量を大きくしたり
なとり
なとり
本体操作で簡単に変更することができるから②や③みたいにいまだけ音量を0にしておく、とかも簡単だ
Aちゃん
Aちゃん
いろんなシチュエーションで活躍するわね
なとり
なとり
あとはだいたいの製品が100M以上電波が飛ぶから同じ建物の中でもちょっと離れたところにいる家族やスタッフ呼ぶために設置してもいいと思う

ワイヤレスチャイム選び

そんな便利なワイヤレスチャイムはかなりの低価格でいろんなメーカーから販売されているんだけど最低限のクオリティは必要だ

  1. リモコンが電池式かどうか
  2. 防水の有無
  3. PSEマークの有無
  4. そして耐久性!

1と2は文章の通り。たまに電池すらいらない製品もあるのだけどボタンが固かったり接触の問題が起こりやすいから電池式を選ぼう。そして外に設置するなら防水は必要だ

3は安全な家電に対する基準で、こういう認証受けていない家電もけっこうあるんだけどずっとコンセントにさしっぱなしにする製品だから最低限日本の基準を満たしている物として認証の有無を参考にしたい

そして最後に耐久性!

ドアホンの耐久性ってあまりピンとこないと思うんだけど、壊れるとけっこう不便な物なんだよね

実際僕の体験で安物を設置してしばらくしたら設定した音量や音の記録が飛んでしまったり、あとは押してないのに勝手に音がなってしまうという不具合が出る製品があった

なるたびに外にでて「あれっ?」ってなったし、なにより深夜のピンポンは不気味で怖かった

なとり
なとり
ドアホンは壊れると影響が大きいからあんまり安っぽいのは選ばないようにしよう

オススメ製品

そんな基準でオススメ製品をピックアップしてみた

JROKON ワイヤレスチャイム

2000円を切る低価格ながらも、音量0設定、防水、PSEマーク、と先ほどの基準を満たしている

設置方法もこんな具合で日本語でわかるやすく案内されている

なとり
なとり
オーソドックスな機能で低価格なモデルが欲しかったらコレが良さそうだ!

リーベック X850

そしてお次はリーベックス X850

音量は0~75デシベルの調整ができて16種類の音から選択可能

電波の法律である技術適応マークも取得している

そして先ほどの基準に加え、この製品はセンサーでの感知と光で人が来たことを知らせてくれる機能もついていて、なんとリモコン部だけでなくドアホン部も電池で動くタイプだ(電池タイプのためPSEマークも不要)

なとり
なとり
光でもお知らせしてくれる機能と、持ち運び可能なドアホン部というのが良く考えられている
Aちゃん
Aちゃん
音を消した状態で手元に置いて光で使ってもいいわね~
なとり
なとり
うんうん、無音での運用に特化している印象だ
なとり
なとり
この辺りの製品が性能、評価ともによさそうだ

後付のドアホンまとめ

そんな感じで今日は後付のドアホンについて紹介してみました

ピンポンの音で悩むことって割とあることだと思うから、こういう製品があると覚えて置くといざっていう時に役に立ちそうだ

なとり
なとり
ドアホンの音で悩んでいる方は是非試してみてください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください