製品紹介

【着脱式】取り外し可能なマグネット式のぞき見防止フィルム! AYAKI iPad Air

最近iPadでの外作業にハマっているのですが、一つ気になっていたことがあって…

なとり
なとり
周りから作業内容が丸見えなんですよね

周りの人も別に僕がiPadで何してるかなんて興味ないと思うんですけど、やっぱり仕事のデータを他の人に見える状態で扱うのはよくないよなぁと思うわけです

「スマホの覗き見防止フィルムみたいなのつけたいなぁー」みたいなふうにも思うのですけど、私のiPadにはペン操作を快適にするためのフィルムが付けてあるんです

なとり
なとり
iPadユーザーはこだわりのフィルムを付けてる人が多いはず

どうしたもんかなぁ、、、と思っていところ、、着脱可能な覗き見防止フィルムを発見しました

従来のシール状のフィルムと違ったマグネットタイプのもので、付けたり外したりが可能なフィルムなのです

横から見ると真っ暗に!

こちらがiPad Airに装着した様子です

正面から見ると普通のフィルムですが…

ちょっと横の角度になると画面が真っ暗になって何も見えなくなります

なとり
なとり
完全に真っ暗になります!

マグネット着脱

このフィルムは縁の黒い部分にマグネットが内蔵されています

そこまで強力なマグネットではないのですがiPadの表面にスッと張り付く感じで、既にフィルムが貼ってある上からでも問題ありません

*公式情報ではペーパーライクフィルムやアンチグレアフィルムなど凸凹のあるフィルムとの併用ではマグネットの装着力が弱まると案内されています

なとり
なとり
まさに僕が欲しかった理想のアイテム!

付属品

ちなみに製品の付属品はこんな感じです

付属品
1・・フィルム本体
2・・クリーニングクロス
3・・アルコール
4・・フィルム収納ケース
5・・説明書

なかなか立派なクリーニングクロスもついています(フィルムの使用には特に必要ありませんが親切な付属品です

そしてこのフィルムを収納する簡易プラケースがついているので使わない時はこれにしまっておきましょう

こんな風にバッグに一緒に入れておけばいつでもさっと活用できますね

なとり
なとり
こういう付属品は嬉しいね

縦置きでは使えない

のぞき見防止フィルムは構造上、縦か横のどちらかでしかこの”のぞき見防止効果”を発揮することはできません

縦置きの場合は横からでも見ることができるので注意をしてください

ただ、私も普段は縦置きで使っていましたが、iPad Airは画面が大きいので横置きにして使っても違和感なく対応できました

なとり
なとり
よっぽどのこだわりがない限り横で作業できるはず

まとめ iPadで使うなら着脱式が必須だな

こんな感じで非常に手軽に使えるのにしっかり画面の内容を隠してくれる理想通りの製品でしたね

なとり
なとり
こういうのあったらな~って通りだった

使いながら色々考えてみたんですけど、iPadで覗き見防止フィルムを使うならこう言う着脱式の方が絶対いいですね

タブレットって正面から真っ直ぐ見るだけじゃなくて、少し離れたところから動画を見たり、二人で一緒に画面を見たりすることもあるじゃないですか

常時覗き見防止フィルムをつけてると真正面からしかみることができないので活用シーンがかなり限定されてしまうんですよね

今回使用した「AYAKI iPad Air iPad Pro マグネット式 覗き見防止 」はコスト面でもなかなか優れているのでiPadで外作業をしたいんだけどなーと言う方は是非チェックしてみてください

本日は「取り外し可能!マグネットタイプのiPad覗き見防止フィルムが最高!」の紹介でした

  ~~広告エリア~~

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください