製品紹介

HyperX 無線ゲーミングマウス PLUSEFIRE DART!高性能でワイヤレス充電にも対応!

本日紹介するのはこちらの無線ゲーミングマウスです

created by Rinker
ハイパーエックス(HyperX)
¥10,300
(2021/12/01 01:57:03時点 Amazon調べ-詳細)

ご覧の通りケーブルがないワイヤレスタイプのマウスなのです

なとり
なとり
ここ1~2年で急激に普及しているヤツ

無線だから場所を選ばず、ケーブルがひっかかることもありません

さらに専用の充電パッドを使えば無接点充電(Qi充電)も可能なのです

なとり
なとり
ハイテクな感じでカッコイイですねぇ

お値段もマウスが約13000円、充電パッドが7000円と無接点充電物としてはリーズナブルな価格設定です

このマウスと無接点充電パッドを使えば、無線で便利に使いながら充電ケーブルを差し込む手間もいらない便利な使い方ができそうです

なとり
なとり
PC環境が一気に便利になるぞ!

ということで本日は「無線ゲーミングマウス!高性能でケーブルレス!HyperX PULSEFIRE DART 」を見ていきたいと思います

PULSEFIRE DART スペック

PULSEFIRE DARTのスペックがこちらです

メーカー HyperX
接続 USB無線
DPI 16000DPI
価格 13000円前後
ボタン数 中央1,サイド2
保障期間 2年

メーカーはHyperXで、ゲーミング製品ではLogicoolに並ぶTOP人気の会社の製品です

そのHyperXのマウスの中でも上位スペックに位置するのがこのPLUSEFIRE DIRTです

なとり
なとり
基本性能が高く、そして数少ない無線接続対応のマウスだ

マウス単体の価格は2021年11月現在13,220円で、基本的に数百円前後の小規模な変動です

近頃のゲーミング製品は急な需要で品切れすることがあるので欲しい時は様子見をしないで早めに買ってしまうことをお勧めします

*価格データを2021年の物に更新しました。こちらで紹介した価格は記事作成時のもので実際とは異なることがあります。公式情報をご確認ください。

開封

こちらがPLUSEFIRE DARTの内容物です

内容物
1 マウス本体
2 充電ケーブル、USBレシーバー
3 説明書

マウス本体はオーソドックスな手のひらサイズの大きさです

最近のゲーミングマウスではこの大きさが主流で、他社の同等スペック製品Logicool G703とも同じサイズ感です

ビジネス用のマウスの小さいものと比べると1回り以上大きいので、普段小さい物を使っている人は大きく感じるかもしれません

小さいマウスで定番のLogicoolのM212と並べるとこんな具合です

マウス表面はマットな加工で滑りづらく、下部はメッシュのようなサラっとした素材になっています

ホールド感もよく、安物のマウスとは違うなといった感じです

なとり
なとり
手にしっくりくる!

マウス裏面はこの部分がツルツルして滑りがよくなっています

ON、OFFスイッチもあるので使わない時は手元でパッと切り替え可能です

一部ゲーミングマウスにあるような重さを替えるような仕組みは搭載していません

使用の様子

PCに専用のUSBレシーバーを差し込むとすぐにマウスが認識され、操作可能になります

このレシーバーは充電ケーブルと組み合わせることで延長ケーブル的に好きな位置に設置することが可能です

こういう無線機の電波は強いので通常、電波強度が問題になることはないのですが、ゲーミング製品なので”無線で電波が弱い時があったら心配”という人には嬉しい設計です

なとり
なとり
こういう気づかいはゲーミング製品の会社ならでは

そしてこちらが使用の様子です

一応右利き用のデザインになっているのですが左利きの私が使っていても特に違和感はありません

本体重量が112gなので同等スペックのLogicool G703と比べると20gほど重いです

マウスは、”軽いのが好きな人”や”重いほうが振りやすい”、”リコイルコントロールしやすい”等完全に好みの世界なので今のマウスと比較して購入しましょう

なとり
なとり
振っている時の安定感はなかなか良かった

ちゃんとしたゲーミングマウスを買うのは初めて、という人はとりあえずの好みで買ってみましょう

専用アプリで管理!

このマウスは専用アプリ「HyperX NGENUITY」で感度やライトの色、オンオフを設定することができます

なかなかよくできたアプリで、PCにつながっているHyperX製品一覧のバッテリー残量を見ることもできます

なとり
なとり
私はヘッドセットもHyperX製を使ってるからな

ワイヤレスマウスの消費電力の大半はライトなので必要がなければ輝度の設定から0にしましょう

Microsoft Store必須

このHyperX製品を管理するアプリの難点として、Microsoft Storeが必須なことが上げられます

windowsに標準搭載されている無料ソフトなのですが、OSをインストールしたばかりで認証していないPCやアップデートをしていない状態では入れることができません

なとり
なとり
私は検証用PCで最初使おうとしてダメだった

まだソフト自体がBeta状態なのでいつか改善することを願います

バッテリーは予想外に持ちます

無線式ということで気になるのはバッテリーの持ち時間です

公式情報では「一度の充電で最大50時間」と書いてありますが…

なとり
なとり
実際に使ってみると何週間も充電なしで使うことができました

私は基本起きてる間はずっとPCがついているので一週間持たないで消えるかと思っていたのですけど、マウスってよく考えるとけっこう休んでいる時間が多いんですよね

製品スペックにある使用時間はライトオン&連続使用で考えているものだと思うので表記より長く持つ人の方が多いと思っていいでしょう

ワイヤレス充電でさらに便利に

そんなPLUSEFIRE DARTは無接点充電のQi充電でさらに便利に使うことができます

こんな風に専用の台に置くだけで本体に充電をしてくれます

なとり
なとり
充電の手間がゼロ!

ゲーミングマウスで無接点充電に対応しているものは数が限られているのでこれはPLUSEFIRE DARTの大きな魅力です

一緒にスマホを充電したりすることもできるので周辺アクセサリに凝りたい人にはイチオシの製品です

CHARGEPLAY BASEに関してはこちらの記事で別途紹介しています

置くだけで充電!? HyperX CHARGEPLAY BASEは一度は使ってみるべきこの一見何も変哲もない板... 実はこれ無接点の充電器なんです! 無接点:ケーブルを指す必要がな...

まとめ

こんな感じでHyperXの無線ゲーミングマウス PULSEFIRE DARTはマウスとしてハイスペックな性能を持ちながら無線で便利に使える、まさにいいところ取りのゲーミングマウスでした

ゲーミングマウスはそれこそ2000~3000円から買えますが、毎日長時間使うものなので「少しお金をかけてもそれに見合う価値があるな!」と思いましたね

・1万円以上する良いゲーミングマウスが欲しい

・無線のマウスを使ってみたい

という方は是非オススメしたい一品です

以上本日は「無線のゲーミングマウス&無接点充電パッドの組み合わせが最高!」の紹介でした

created by Rinker
ハイパーエックス(HyperX)
¥10,300
(2021/12/01 01:57:03時点 Amazon調べ-詳細)

  ~~広告エリア~~

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください