ProjectWinter

トレイター投下物資と専用の妨害

トレイター投下物資はサバイバーの修理タスクが一定時間の間完了しないと投下されます

トレイター目線ではこの時間まで修理が終わらないように進行し、サバイバー目線ではこれが投下されないように急いで修理をしましょう

トレイター投下物資には通常のボックスよりもかなり強力なアイテムを入っています。

 
なとり
なとり
焚火や食料、武器等”これさえあればサバイバーをやっつけられる!”というものが揃っている

トレイター投下物資からの妨害

トリイター投下物資からは専用の妨害考察をすることができます

プレイヤーの追放

すべてのプレイヤーがキャビンから追放される

暖をとることができない他に、クラフトができないことによる遅延効果も大きい

救援物資の場所からではどのタイミングで発動するべきかがなかなかわからないのだが、潜伏しているサバイバーと連携して使えたりできたら効果は絶大

無線通信妨害

全プレイヤーがトランシーバーで話すことができなくなる

トランシーバーの一番の使い方は襲われた時に誰がトレイターかを伝えることなので、1人が救援物資のところにいて無線妨害をする状況では相方1人では襲撃しづらいというネックがある

脱出設備の捜索をしているときの大まかな遅延効果といったところだろうか

脱出位置の表示

進行状況に関わらず脱出設備がどこに登場するかをトレイターのマップに表示する

先回りして地雷をセットしたり、十分な時間をもって最終戦の対策ができるので結構強力

使用のリスク

トレイター投下物資からの妨害は現地にいないとできないので、妨害発同時に他プレイヤーが一か所にいた場合その場にいない人がトレイターだとバレてしまいます

例:キャビンに7人いて1人だけ見えない状態で妨害が起こったらその人がトレイター確定

投下物資のところにいる時点で追放の覚悟がある場合が多いと思いますが、戻るつもりの場合にはその点に気を付けて使用しましょう

攻略TOPへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください