製品紹介

【ペニーボード】スイスイ移動メインなスケボーは静か&カワイイ&走りやすい【初心者解説】

なとり
なとり
ペニーボードでスイスイスイ~
Aちゃん
Aちゃん
なとりさんどうしたの
なとり
なとり
今日はねぇ、僕が大好きなスポーツアイテム”ペニーボード”を紹介したいんだ
Aちゃん
Aちゃん
うーん、何か聞いたことあるようなないような
なとり
なとり
こんなの見たことある?
View this post on Instagram

PENNYSKATEBOARDSJAPAN_officialさん(@pennyskateboardsjapan)がシェアした投稿

Aちゃん
Aちゃん
スケボーね
なとり
なとり
そうそう、小さいスケボーなんだけど
なとり
なとり
ペニーボードっていう安くて、軽くて、使いやすい商品なんだ
Aちゃん
Aちゃん
へ~イイとこだらけみたいに言うわね
なとり
なとり
日本だとスケボー自体があまり流行っていないけども世界では結構ユーザーがいて近年このペニーボードが大流行してるんだよ
なとり
なとり
個人的にすごいイチオシの楽しい趣味だから気合を入れて紹介するよ 。頑張って聞いてね
Aちゃん
Aちゃん
わかった!

 

ペニーボードはカラフルでカワイイ

オーストラリアのベンマッケイさんが作ったスケードボードの一種。もともとスケードボードの中で”移動メインで使いたいな”という人たちがクルージングに特化して作ったスケードボード

プラスチックでできているから軽くて丈夫で安い、しかもカラフルなペインティングも可能になったぞ

Aちゃん
Aちゃん
へ~カラフルでかわいいねぇ
なとり
なとり
そう!”KAWAII”をとりいれたおかげで女性がとっつきやすくなったところがでかい!
なとり
なとり
ちなみに僕が使っているのはこれ
Aちゃん
Aちゃん
こんなデザインも入ってるんだね~!
なとり
なとり
ペニーボードの見ため的なかわいさ、オシャレさはなかなかのものだ

ペニーボードの特徴 スケボー初心者向き

まず値段が安い!

ちゃんとした物で1万円ちょいで買うことができるんだ

スケボーは高い物はとことん高いけどペニーボードは基本1万円台だから気軽に始めることができる

小さくて軽い

重量が2kg程度で乗る系スポーツアイテムとしてはかなり軽い。片手で持ち運べて家での保管も楽だ

うるさくない

板がしっかり固定されているから従来のゴロゴロガタガタ~っていうスケボーのうるささが相当軽減されているよ

メンテナンスフリー!

ペニーボードは完成されているモデルだから基本的にメンテナンスフリー

分解してギアをかえるとかそういうカスタマイズはむしろマイナスだとされている。目に見える汚れとかがたまったら取った方がいいかもしれないけどオイルさしてどうこう~みたいな取っ付きづらくなるようなメンテナンスが必要ないないんだ

なとり
なとり
安価で操作性が良く、メンテナンスフリーなのでスケボー初心者に向いている

乗って楽しむというスケボー

もちろん遊び方は人の自由なわけなんだけど、ペニーボードには従来のスケボーのような飛んだり跳ねたりする”トリック”をプレイするというモノではない

乗って移動を楽しむというコンセプトで、そしてそれに特化したスケボーなんだ

なとり
なとり
これがすごい良いんだ!
なとり
なとり
飛んだり跳ねたりしないからうるさくないし、プレイヤー間での下手とか上手いとかがない!
Aちゃん
Aちゃん
んん、それはよさなの?
なとり
なとり
すごい良さだよ!たとえばAちゃんが「ペニーボードはじめました」って写真載せたとしてた
なとり
なとり
「ベアリング変えたほうがいいですよ」「テイルを調整するともっと飛びやすくなります」etc、、とか経験者のマウンティングが来たらうざいでしょう
Aちゃん
Aちゃん
な、、なるほど、、!
なとり
なとり
半分冗談でもあるけど、あいつ下手~とかうまい~とかそういうのが無く純粋に乗って楽しむことペニーボードのすべてなのだ

燃費がいい

そして移動に特化しているからとても燃費がいい

使ってみるとびっくりするんだけど、スケボーと違ってちょっと蹴っただけですごい進みます。トリックとかの技がメインなスケボーが丈夫さ、とか蹴りやすさ、とかを求めているのに対してペニーボードは移動に特化してるからとかくスムーズにすいすい進むんだ

止まるのが楽

これはインラインスケートやスキーと比較しているのだけど、乗り系スポーツって”停止が一番難しい”っていう、一番必要なことが一番最後にできるようになるみたいなジレンマがあるんですけど、ペニーボード(スケボー)は止めたくなったら降りればいいから初めがすごいやりやすいんだ

なとり
なとり
これもものすごい大きい長所。とりあえず乗ってみなよ~って人にすすめられる

様子を見てみて欲しい

僕がペニーボードに一発で惹かれた動画があるので見てほしい

この人は超うまいプロの人なのだけどそれでもこの動画で僕は最大級の自由を感じてやりたいと思った

「こんな風に滑れたら楽しいだろうな~、便利そうだな~、あとはいつか外国にいったらビーチをこうやって走ってみたい」

なとり
なとり
そう思わないだろうか!!

ペニーボードの魅力が伝わる動画たち

ペニーボードは魅力が伝わりやすい動画はほかにもあるのでもう少し紹介します

長い道をこんな風に気ままに走りったら気持ちよさそうだ

最後は日本の若い子が楽しんでいる写真。友達同士で集まってこんな風にキレイな景色を走りに出かけたら楽しいんじゃないだろうか

fumi_skigram様提供

Aちゃん
Aちゃん
え~これは楽しそう~!!
なとり
なとり
まさに青春 !

「ペニーボードをもってでかけたい!」

「公園に行くのにペニーボードを持って行こう!」

なとり
なとり
そんな気持ちになっていただけたでしょうか

もちろん走る場所は注意が必要!

日本だとやっぱこういう乗り系の道具は制限が厳しいから使う場所は注意が必要だ

ただ!子供が遊んでるキックボード類も厳密には全部だめだし、インラインスケートとかBMXとかスラックラインとか、ある程度黙認してもらっている場所でやっているというのが日本のスポーツの現状だろう

それでもスケボーが許可されている場所は昔より多い

最近はスケボー場として営業しているパークも増えていて昔よりはやりやすくなっている。あとは正式に”スケボーOK”としている公園もあって東京では練馬の光が丘公園が有名だ

まとめ

そんな感じで新しい趣味、遊びとしてペニーボードはいかがでしょうか。温かくなってきたこの季節に最高ですよ!

なとり
なとり
買ってみたいかも~という方はこちらでペニーボードの選び方を紹介しているので見てみてください
【ペニーボード】22インチか27インチか両方買った上での結論【選び方】 ペニーボード選び まずはパチモノか本物か! ペニーボードというのはブランドの名前で、ペニ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください